「少年よ大志を抱け」。札幌の地に残された名言と「クラーク精神教育」は札幌農学校のクラーク博士から教えを受けた第一期生直弟子・大島正健によって、山梨県の甲府中学校で大きく開花し、全国へ広がっていった。札幌農学校時代に大島の導きでキリスト教に入信した第二期生から内村鑑三、新渡戸稲造らの偉大な指導者が生まれ、甲府中学校時代の教え子から宰相石橋湛山が生まれた。甲府は「少年よ大志を抱け」「クラーク精神教育」を体系化した記憶の街となった。

北海道開拓スピリットと甲府中学校長大島正健

 79 total views,  1 views today