【イベント】デジタルアーカイブ学会法制度部会シンポジウム「デジタルアーカイブが拓く日本の社会・文化芸術の未来」(12/5・東京) – 参加無料/要事前申し込み

ジタルアーカイブ学会法制度部会シンポジウム「デジタルアーカイブが拓く日本の社会・文化芸術の未来」

開催概要

  • 日時 2022年12月5日(月)14:00~16:00(約120分)
  • 場所 参議院議員会館内 講堂 (※入場無料・事前申込制)配信等は行いません
  • 登壇予定
    • 草刈民代 氏(俳優、元バレリーナ)
    • 大島 新 氏(映画監督・プロデューサー、元テレビディレクター)
    • 吉見俊哉 (東京大学大学院教授・デジタルアーカイブ学会会長)
    • 福井健策 (弁護士・デジタルアーカイブ学会法制度部会 部会長)
    • (進行) 内田朋子 (共同通信社・デジタルアーカイブ学会会員)
    • ※ 前デジタル大臣政務官の山田太郎・参議院議員、音事協専務理事の中井秀範氏も発言予定。

報道

草刈民代 デジタルアーカイブの必要性を訴え「全量保存が新しい文化を作る礎になる」

 87 total views,  1 views today