デジタルアーカイブ学会第10回定例研究会「デジタルアーカイブ利活用の内実」を開催 zoom利用で会員(無料)/非会員(1,000円)で参加できます。

こんにちは、Digi-KENです。

デジタルアーカイブに関するニュースや話題とピックアップするNews Pickupをはじめます。

まずは、デジタルアーカイブ学会 第10回定例研究会のお知らせです。

デジタルアーカイブ学会第10回定例研究会「デジタルアーカイブ利活用の内実」 (2022/3/22)

デジタルアーカイブ学会第10回定例研究会
「デジタルアーカイブ利活用の内実」
デジタルアーカイブ学会では、学会員等の研究成果の発表と会員間の交流・意見交換を目的とした定例研究会を開催しています。今回は、デジタルアーカイブの利活用に焦点を当て、地域におけるフィールドワークや初中等教育の現場で資料を扱われているお二人にご報告いただき、現状のデジタルアーカイブにおける課題と可能性について議論します。

デジタルアーカイブ学会第10回定例研究会「デジタルアーカイブ利活用の内実」 (2022/3/22) | デジタルアーカイブ学会 (digitalarchivejapan.org)
  • 日時:2022年3月22日(火)18:30~20:00
  • 開催方法:オンライン(Zoom利用)
  • プログラム:
    • 18:30~18:40  学会近況報告(10分)
    • 18:40~19:05  報告1:フィールドワークの現場から:梅林秀行さん(25分)
    • 19:05~19:30  報告2:初中等教育の現場から:大井将生さん(25分)
    • 19:30~20:00  議論:司会:大向一輝(東京大学)(30分)
  • 参加方法:
    • デジタルアーカイブ学会会員(参加費無料)
    • デジタルアーカイブ学会会員以外の方(参加費1,000円)
      こちらからお申込みください。
  • 登壇者プロフィール:
    • 梅林秀行:京都高低差崖会崖長/京都ノートルダム女子大学非常勤講師。関心分野はデジタルアーカイブなどのオンライン資料を活用(ユーザーサイドの二次的加工など)したフィールドワーク実践。
    • 大井将生:東京大学大学院学際情報学府/TRC-ADEAC特任研究員。研究テーマは地域資料の教材化、デジタルアーカイブの教育活用、多様な資料のLOD化、多文化共生。
  • 参考:

大向一輝さんのTwitter

梅林秀行さんのTwitter

関連リンク

 303 total views,  1 views today