デジタルアーカイブフェス2022-ジャパンサーチ・デイ- 2022年8月25日(木)10:00〜17:30 オンラインにて開催!!

こんにちは、デジ研です。

内閣府および国立国会図書館による『デジタルアーカイブフェス2022-ジャパンサーチ・デイ-』が8月25日(木)に開催されます。

デジタルアーカイブフェス2022 – ジャパンサーチ・デイ –

開催概要

  • 開催日時: 令和4年(2022年)8月25日(木)10:00〜17:30
  • 主催:国立国会図書館、内閣府知的財産戦略推進事務局
  • 後援:公益財団法人日本博物館協会、全国科学博物館協議会、一般社団法人全国美術館会議
  • 開催方法:オンライン開催
  • 参加費:無料
  • 参加方法:応募フォーム(外部サイト)からお申し込み
  • 問い合わせ先:
    内閣府知的財産戦略推進事務局
    Mail: da.naikakufuchizai.n2i@cao.go.jp
    電話:03-3581-2109(受付時間:10:00~17:00(土・日・祝除く))
  • 開催趣旨:
     コロナ禍においては、様々なデジタルアーカイブ資源の潜在需要が顕在化し、あらゆる分野の創作活動や知的活動を支えるデジタルアーカイブの役割が、改めて広く認識されました。
     我が国におけるデジタルアーカイブ利活用の分野横断プラットフォームであるジャパンサーチは、2020年に正式版が公開され、以後、これを核として、各分野のデジタルアーカイブ活動を総合的に推進していくよう、2021年に「ジャパンサーチ戦略方針2021-2025」が、本年にはその「アクションプラン」及び「各分野の工程表」が策定されています。各アーカイブ機関においては、これらの方針等の趣旨も踏まえながら、デジタルアーカイブの拡充と、その利活用促進に向けた取組を、さらに積極的に展開していくことが期待されています。
     このような中、産学官の関係者が一堂に会し、デジタルアーカイブジャパンの推進に向けた先進事例の紹介や好取組の顕彰等を行う「デジタルアーカイブフェス」を開催します。また、当日は、ジャパンサーチのギャラリー共同編集機能を使った体験型ワークショップを、ジャパンサーチ上の特設ワークスペースにて開催いたします。
     デジタルアーカイブが日常に溶け込んだ豊かな創造的社会の実現を目指して、本イベントを通じ、アーカイブ機関の新たな活動展開に資する情報の共有を図るとともに、デジタルアーカイブ利活用の輪をより一層広げていくよう、幅広い関係者の連携促進を図ります。
  • プログラム概要:
    • 第1部(基調講演)
      • (1)基調講演:アナログ歴史家とデジタルアーカイブの出会い ~ジャパンサーチへの期待
        歴史家/国際日本文化研究センター教授 磯田道史
      • (2)デジタルアーカイブ社会の実現にむけた取組について – 内閣府
      • (3)デジタルアーカイブジャパンアワード2022
        進行:実務者検討委員会座長/国立情報学研究所名誉教授 高野明彦
    • 第2部(ジャパンサーチセッション)
      • (4)ジャパンサーチ・アクションプラン2021-2025について – 国立国会図書館
      • (5)ジャパンサーチの概要と連携方法について – 国立国会図書館
      • (6)ジャパンサーチ連携事例・活用事例報告
        • 東京富士美術館「東京富士美術館収蔵品データベース」全国美術館会議 情報・資料研究部会幹事、東京富士美術館 学芸課長 鴨木年泰
        • 日本写真保存センター「写真原版データベース」 日本写真保存センター調査員 河原健一郎
        • 沖縄県南城市教育委員会「なんじょうデジタルアーカイブ」 なんじょうデジタルアーカイブ デジタルアーカイブ専門員 田村卓也
        • 慶應義塾大学「Keio Object Hub」
          慶應義塾ミュージアム・コモンズ特任助教 宮北剛己
          慶應義塾ミュージアム・コモンズ専任講師 本間友
        • 国立教育政策研究所教育図書館「教育図書館貴重資料デジタルコレクションほか」
          国立教育政策研究所 研究企画開発部教育研究情報推進室 総括研究官 江草由佳
    • 第3部(デジタルアーカイブ活動セッション)
      • (7)産業界におけるデジタルアーカイブ活動の活性化と利活用の拡大に向けて
        • デジタルアーカイブでつながる建築資料:企業アーカイブと公的アーカイブの連携の可能性と課題
          清水建設株式会社 技術研究所 未来創造技術センターデジタルXグループ 主任研究員/九州大学大学文書館 協力研究員 松本隆史
        • 漫画原画のデジタルアーカイブ化による文化の保存とビジネス活用
          株式会社集英社 デジタル事業部 次長 岡本正史
        • 文化財VR・デジタルアーカイブとその活用について
          凸版印刷株式会社 文化事業推進本部 アライアンス開発部 アライアンス開発T 課長 寺師太郎
      • (8)ジャパンサーチワークショップ報告~ギャラリー共同制作の紹介
        東京大学大学院学際情報学府/TRC-ADEAC特任研究員 大井将生

 

 367 total views,  1 views today